RSS

【定期購入】シャトー・ラ・ジョンカード白ラベル 2014年 6本

白ラベル

お召し上がりの15分〜30分前に開栓しておくとコクの風味にまろやかさが増し、
更に深い味わいお楽しみいただけます。

こちらのページは定期購入のページです。通常商品とはことなりますのでご注意下さい。

【定期購入】シャトー・ラ・ジョンカード白ラベル 2014年 6本

通常6本:
14,400円(税込)
価格:

9,350円 (税込)   <35%OFF>

購入数: セット
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる



【MICHIGAMIワイン定期購入の注意事項】
■配送料は無料となりますが、沖縄・離島・諸島部は別途送料を頂戴します。
■お支払方法はクレジットカードのみとなります。購入ページの案内に従いお手続き下さい。
■商品の瑕疵ならびに、配送時の破損については、同一商品と交換させて頂きます。
■万が一の商品の品切れの際は事前にご連絡いたします
■ヴィンテージ変更、為替の変動によるお値段の変更となる場合がございます。その際は事前にご連絡致します。

【定期購入】シャトー・ラ・ジョンカード白ラベル 2014年 6本

通常6本:
14,400円(税込)
価格:

9,350円 (税込)   <35%OFF>

購入数: セット
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

お召し上がりの15分〜30分前に開栓しておくとコクの風味にまろやかさが増し、
更に深い味わいをお楽しみいただけます。

【内容量】 750ml
商品紹介
白ラベル

樹齢25〜35年の若木から、取れたブドウを使用 しています。
早い時期に成熟を迎える、メルロー種のブドウを多く使っているので、2〜3年の比較的短い熟成期間でも、なめらかな美味しさが楽しめるため、今までワインを飲みつけていなかった方にも、美味しく召し上がって頂けるワインです。

また、長期熟成に適した、カベルネソーヴィニョン種のブドウをブレンドしているため、
時が経つごとに味わいの変化をお楽しみ頂けます。

ワインチャート
ジョンカード白ラベル紹介
ジョンカード白ラベルはここが違う

白ラベルイメージ

シャトー・ラ・ジョンカード地図

シャトー・ラ・ジョンカード畑

シャトー・ラ・ジョンカード畑

生産者 シャトー・ラ・ジョンカード

生産者 シャトー・ラ・ジョンカード

シャトー・ラ・ジョンカード

オーナー : ピエール・サテュルニー
支配人 : アニック・サテュルニー

ボディのしっかりとしたコクのある赤ワインでその上品な味わいは、メドックの格付シャトーにも負けていません。
上質な土壌を持つ絶好の条件に恵まれたシャトーです

先代からの数十年の長期に渡る強い結びつき、長年の取引実績がある為、非常にコストパフォーマンスの高いワインとなっております。ジョンカードシリーズはMICHIGAMIワインを代表するワインです。是非お試し下さい。

シャトー・ラ・ジョンカードのブドウ園は、ドルドーニュ川がガロンヌ川と合流してジロンド川になる直前の右岸に位置しています。 全ての畑が真南を向き、石灰質と粘土質が入り混じり、非常に上質なワインを生み出す土壌、ドルドーニュ川の熱反射で春の遅霜にあうことが無い等の絶好の条件に恵まれています。

ジョンカードのブドウ畑には、1ヘクタールに5500本のブドウの木しか植えられていません。同地方のブドウ畑の平均的な植栽数は1万本ですから、ずいぶんゆったりしています。おかげで、太陽の光をたっぷり浴びた糖度の高いブドウから、こくがあり果実味の豊かなワインが造られています。

「シャトー・ドゥ・ラ・ジョンカードは20年もの長きに渡り、 よく日曜日に道上伯先生の訪問を受けていました。このシャトー界隈の風景とジョンカードのワインをこよなく愛してくれていたのです。道上伯先生のようにシャトー・ドゥ・ラ・ジョンカードを愛してくださる皆様に心より御礼を申し上げます。

彼が好み選びぬいたワイン。

それは、私たちの情熱と愛情をもって培われた自然なワインです。先生の思い出とともに、お生まれになった日本で広めてくださっている皆様へは、熱い想いがあります。

このワインは皆様に幸せと喜びのみをもたらすでしょう。皆様の食卓で、シャトー・ドゥ・ラ・ジョンカードを添えられて素晴らしい時を過ごしていただけたら光栄です。」
(オーナー:ピエール・サテュルニーさん)

1989年フランスで最も権威のあるブラインド・テイスティングで1位に輝いた実績のあるシャトー・ラ・ジョンカード。

かの有名なペトリュスはその時5位。 知られざる秘蔵シャトーの赤ワインをお求めやすい価格でお楽しみ頂く事ができます。


ソムリエによるワンポイント
外観

紫と黒をあわせたような色鮮やかなルビー色。

ほんのりとグラデーション色の変化を感じます。
グラデーションがでてきているというのはワインの凝縮度感は強すぎではないということです。 エッジ(縁)の部分は、紫やピンクが見えます。中心部は黒味が強いです。

香り

ブラック・ベリー、カシス、キャンディー、ブルーベリーのコンポート。
赤い果実、ラズベリーやスグリの香り。果実の香りに混ざってピーマンやしし唐の香りも。

持続性はやや短いですがしっかりと強く香ります。
グラスを回すと、果実の香りから、スミレの花、スパイスのブラックペッパーの香りへと変化します。香りからも飲みやすさが感じられます。

味わい

非常に若々しく、パンチのある味わい。酸味と果実味を感じるはつらつとした口当たり。
爽やかな果実味を感じます。

味わいの中心は、この果実味。そこに渋味が絶妙にあわさってきています。
酸と果実味、渋味が全体の味わいを引き締めタイトなボディに感じます。

このタイプを飲むと、ボルドー赤ワインのエレガンスさを感じ取れます。軽すぎず、重すぎず。柔らかく広がるのではなく、張り詰めている感じです、 そのバランスが最高に良いです。

余韻には果実味とほのか〜なコクが心地よく残ります。
若々しさに溢れたミディアムボディの辛口。

今までボルドーワインを飲みつけていなかった方にも美味しく召し上がって頂けるワインです。

より美味しく味わうには?

華やかな香りとほのかな味わいの変化をお楽しみいただけます。
開栓後すぐよりも、ちょっと待ってから香りと味が変化してどんどん良くなります。

室温(20-24度)よりもやや低めに、軽く冷やして(16-18度)いただくと、より、爽やかな風味をお楽しみいただけます。 冷やしすぎてしまうとせっかくの味と香りを消してしまいますので気をつけてください。

気取らず、畏まらずにお楽しみいただけるワインです。いつもの夕食をディナーに換えるパートナーとして、 もちろん誰でも楽しめる味わいはホームパーティでもその魅力を見せてくれます。


特にお薦めしたい料理はこちら!

比較的濃い目の味付けの料理との相性が良いです。

ハム、リエットなどの肉のオードブル、ピザ、グラタンなどのチーズを使った料理,ミートソースパスタ、ベーコンやソーセージ入りのトマトソースパスタ、 ローストビーフ、ステーキなどのシンプルな牛肉料理、ローストチキンならハーブ、スパイスを詰めたもの。

ソテーでも同様にハーブ、スパイスを使ったソースと併せて トマトを使った洋風鍋もお薦めです。
ワイン自体にブラックペッパーの風味もありますので、スパイシーな料理にも抜群に合います。

ジョンカード白ラベルと料理

肉料理

みんなの評価は?お客様の声

  • 非常に丁寧に作りこまれた、というか、しっかりとボルドーの地で作られた、といった感のある、いわゆる機械的な近年の個性のないシャトーのワインとは一線を明らかに画している。「葡萄酒」と表現されていましたが、まさにそういった感じのいわゆる田舎の美味しい料理、的な感動があります。

    個体差が割りとあるようにも感じましたがそれもまた魅力の一つで、楽しさであると思います。良いパフォーマンスのものはとてつもなく良いです。ネットでこのようなワインが買えるというのは本当に応援したく、また非常に良い生産者から直輸入していると思います。(K.A様)
  • 落ち着いた味わいと香りで料理を邪魔せず、でしゃばらず。
    価格、品質のバランスがとてもよいです。(D様)
  • MICHIGAMIワインを代表するワインだと思います。
    私は週一しか飲まないのですが、いつもまとめ買いをして、毎週飲んでいます。(東京都 T様)
  • もっともブドウ酒らしい味わいを楽しめる、とありますがまさにその通り。
    果実の美味しさがしっかりと凝縮され香りが一気にブワーッと広がります。(神奈川県 S.S様)
  • この間飲んだ時は、若干酸味が強すぎな印象がありました。しかし物によって個体差が多少あるのかな?そう感じる時とそうでない時があるような気がします(千葉県 W.U様)
  • メルローのなめらかな感じが程よく、飲みやすく、価格も良く、一番お気に入りです。(東京都 K.H様)
  • 個人的にはやはり黒ラベルや、赤ラベルの方が好きと感じてしまいますが、価格を考えるととても良いワインだと思います。(大阪府 M.W様)
  • ホームページに書いてあった通り、飲む15〜30分前に開栓した所、とても美味しかったです。ワインがこんなに変化するものなのかと、全然ワインの事を知らないので驚きました。あまり良くないのかも知れませんが、飲みきれなかった分を翌日飲んだらもっと美味しく感じました。

    コクが増したというか、カレーが翌日美味しかったのと同じような感じです。これまで必ず飲みきらないと、という思いがありましたが、ワインによってはそうでもないんですね、と色々と勉強になる1本でした。(埼玉県 Y.E様)

ページトップへ