RSS

2016年6月度 頒布会ワイン・レポート 2/3 「ヴィニョーブル・ラトゥース・キュヴェ・スペシャル L 2014年」



6月度 頒布会ワイン・レポート 2/3
「ヴィニョーブル・ラトゥース・キュヴェ・スペシャル L 2014年」



MICHIGAMIワイン頒布会に加入して頂いているお客様へお届けするワインを、
テイスティングで紹介していきます。

今週はその中から、
「ヴィニョーブル・ラトゥース・キュヴェ・スペシャル L 2014年」
のテイスティングレポートをお届けいたします。



「ヴィニョーブル・ラトゥース・キュヴェ・スペシャル L 2014年」

ボルドーAOC
ソーヴィニョン・ブラン:60% セミヨン:40%

こちらも好評につきしばらく売切とさせて頂いておりました、キュヴェ・スペシャルL。
今回最新ヴィンテージの2014年が新入荷致しました。

通常、ボルドーの白ワインはソーヴィニョン・ブランの割合が多く80%〜90%を占めますが、こちらのキュヴェ・スペシャルLはラモット同様、セミヨンの割合が40%と高いのでやわらかく、
さらに樽を使っている事でよりまろやかで飲みやすい味となっています。
非常にふくよかな感じも印象的です。

外観
ヴィニョーブル・ラトゥース・キュヴェ・スペシャルLはだいぶ色が濃いです。
鮮やかな黄色を帯び、照り、輝きのある濃い色調といったところでしょうか。
凝縮度の高いブドウを用い、樽発酵、樽熟成などで熟成された高品質な白ワインに見受けられる色合いです。

香り
非常に豊かで華やかな香りがグラスに注いだ瞬間から立ち上がってきます。
色調と同じように、色の濃いフルーツが目に浮かびます。
花の蜜、蜂蜜、よく熟したあんず、マンゴー、カリン等。

温度が上がるにつれさらに香りが上がってきます。樽由来のバニラの香り。
甘い香りだけでなく、ソーヴィニョン・ブランが主体だからでしょうか。
フレッシュなハーブ、ディルやタイムなどとかすかにスパイスの香りも感じられます。

味わい
色、香りと一緒で味わいもボリュームをかなり感じられます。
ただボリュームがあるだけではなくフランスらしいしっかりとした酸味。
それがあるのでただ甘いだけではなく、バランスが取れた白ワインだと思います。

しっかりとした果実味からくるワインの甘さ、それを支える樽の風味、苦味、そして酸味。
ボルドーは白ワインの格付はきちんと整備されてはおりませんが、もしきちんと格付が整備されるならばこちらの「ヴィニョーブル・ラトゥース・キュヴェ・スペシャルL」は「グラン・クリュ」クラスの白ワインではないでしょうか。

ボルドーの白ワインの優れているところはミネラル感がしっかりある事ではないでしょうか。
濃い白ワインでここまでしっかりとしたミネラルがある産地は、世界でも珍しいと思います。

より美味しく味わうには
魚介の天ぷらやフライ、揚げ物のお料理と一緒にお召し上がり頂きますと、しっかりとした酸味、苦味が脂を切るだけではなく、また食べたい、と言う気持ちにさせてくれ、ついつい食事が進んでしまう組み合わせだと思います。



▲ページ上部へ

頒布会

ページトップへ