RSS

2012年3月度頒布会ワイン・レポート 2/3 【ヴィュ・シャトー・ラモット・ロゼ 2009年】




3月度頒布会ワイン・レポート 2/3 【ヴィュ・シャトー・ラモット・ロゼ 2009年】

MICHIGAMIワイン頒布会に加入して頂いているお客様へお届けするワインを、テイスティングで紹介していきます。

ヴィュ・シャトー・ラモット・ロゼ 2009年


外観 外観赤味を帯びた鮮やかなピンク色。
非常にクリアーで透明感があり、色彩が強い。
黒ぶどうから色合いと渋味、そして果実味がしっかりと抽出されていると予想できます。

香り 果実香はおとなしく、白ワインに近いフローラルな香りがでています。
ミカンの花の香り、それから茎や葉のような少し青っぽい香り、ピーマンやアスパラガスのような野菜のような香りも感じられます。
時間が経過するとさくらんぼや、ゆすら梅のような、甘酸っぱい香りも出てきました。

味わい 爽やかな果実の味わいが心地よい。
偉大なボルドーの赤ワインを生み出すメルローやカベルネ・ソーヴィニョンから造られているとは到底思えない、爽やかな辛口ロゼ。酸味が全体を引き締め、洗練された飲みやすさを作ってます。渋味は控え目でおとなしいですが、しっかりとしたミネラル感があり、味のバランスを支えています。

シャトー・ラモットの特徴はこのミネラル感。

ミネラルが料理との相性を高める、縁の下の力持ち的な役回りを上手に演じているのです。 ボルドーの白では合わせずらい、海老を使った料理や、中華料理全般、炒め物など油をしっかり使う料理との相性はお薦めです。




▲ページ上部へ

頒布会

ページトップへ