RSS

格付けに負けないワインの秘密



シャトー・ラ・ジョンカード訪問記1
「格付けに負けないワインの秘密」



いくつもの丘陵を超えると、車窓から見えるは、ドルドーニュ川。
ボルドー・シャトー訪問2日目は、コート・ド・ブールへ。

門から続く長い道の向こうにシャトーが
ブドウ畑が続く、なだらかな土地の途中で車がとまるとそこには門構え。門から200m続く路の先には、これぞ、シャトー!の美しい建物。

遂に来ました 「シャトー・ラ・ジョンカード」

シャトー・ラ・ジョンカード外観

シャトー入り口につくと、まずはお決まりの番犬がお出迎え。

続いて、マダム・サテュルニー が、出迎えてくれました。その足元には猫も。シャトーにペットは定番?気のせいか、シャトーの入り口には、ソーヴィニヨン・ブラン種を使ったワインの香りがします。

表現すると「pipi de chat (仏語で 猫のお○っこ)」?
これは、ワインの香り?それとも?
シャトー入り口

そのまま、シャトーへと足を踏み入れます。
エントランス・ホールには、家族の写真や、思い出の品が所狭しと飾られています。

格好のいいシャトーの建物とは違い
シャトー支配人一家の温かさを感じます。
このギャップも素敵です。

シャトー内のダイニング 自然光と家具の木の茶色が出す
独特の重厚感ある雰囲気
シャトー内ダイニング

まずは、白ワインで乾杯  
マダム・サテュルニーがサーブしてくれます。
当店の取り扱いのないワインです。
「赤ワインのジョンカードは後で・・・」ということですね。
オーナー自らサーブ

道上が、日本の最近のワイン事情を説明しながら、ずっと、ジョンカードにお願いしている Bag In Boxの話しへ持っていきます。 小柄で優しそうな感じなのですが、そこはフランス人女性、しっかりとした意志を感じさせる話しぶり。

恥ずかしながら、フランス語は全然判りません。
しかし、うーん、簡単には実現しなさそうな・・・?

ダイニングから、ワインを片手にそのまま裏庭へ

眩しい陽光に溢れる、庭の先に進むと・・・

そこにはなんとボルドーの3大河川 
ドルドーニュ河とガロンヌ河が合流しジロンド河へとなる、大パノラマが!
裏庭に広がる大パノラマ

裏庭に広がる大パノラマ
シャトーを背にして左側が南、正面が西南。
中央に見える貯蔵タンクの向こうがガロンヌ河。
手前がドルドーニュ河。右側がジロンド河です。
下記動画でご覧いただけます。



向こう岸には、日本でも名前が知れている、シャトー・マルゴーも!

ビデオでは、さすがにはっきりと捉えられないのですが、
その面影らしき建物が、かすかに映ってます!
ここは、メドック地区のちょうど対岸にあたるわけです。

この庭の下手に広がる、川に面した斜面。
ヴィニョーブル・ラトゥースで見た、斜面よりかなり急です。
急な斜面の畑
急な斜面の畑
斜面の良さは太陽からの光を、平地よりも多くエネルギーとして受けられます。
加えて、川の水面の反射光で一層暖かさが増す。
凝縮したブドウが出来る環境が整っています!

また、川は、日中の太陽熱をずっと保っていて、
気温が下がる夜には地表よりも温かくなっていて、
川辺のブドウ畑一帯を霜から守る役割も。

この畑で育つブドウは、太陽エネルギーをたっぷりと受けて、
完熟し、凝縮な果実味をもつ良いブドウ。美味しいワインは、良いブドウから。

そう、この川と斜面の畑が、コート・ド・ブール産のワインでありながら
ジョンカードを格付けワインに負けない味わいに仕立てているんです!

来て、見て、納得!


【こちらは、シャトー 屋上からの眺め 一面、ブドウ畑が広がっています。】
シャトー屋上からの眺め


【奥の丘陵手前の集落まで伸びるジョンカードの畑】



シャトー・ラ・ジョンカード

シャトー・ラ・ジョンカード


▲ページ上部へ

ページトップへ