RSS

東京ドーム100個分!広大なブドウ畑




ヴィニョーブル・ラトゥース訪問記1
「東京ドーム100個分!広大なブドウ畑」
※外国の方の読者も多くいらっしゃるので、漢字にふりがなをつけてお送りしております。


動画はこちらから
(再生時間47秒)
動画はこちらから
(再生時間26秒)

小高い丘につづく、わき道に車がはいっていく。
雑木林(ぞうきばやし)を抜けると、両側に開ける眩(まぶ)しい緑。
丘の上まで、見渡す限りのブドウ畑。

そこに連なっているのは、キレイに手入れされ、一定の高さに揃ったブドウの樹木。
<横から見ても、斜めから見ても、直線に揃っています!>
向かうはヴィニョーブル・ラトゥース。
ヴィニョーブル・ラトゥース

フランスの一大ワイン産地のボルドーの中でも、
ベスト10に数えられる広大な畑をもつワイン生産者。

その広さ 130ヘクタール。
東京ドーム のグラウンド100個分になります。<計算しちゃいました>

いくつもの畑を通りすぎて、醸造所(じょうぞうじょ)・セラー兼オフィスへ辿りつきました。
人なつっこい番犬の泣き声が出迎えの合図。

オーナーのデヴィッド・ラトゥースに、マダム・ラトゥース
栽培担当のジャック・ラトゥースや、
デヴィッドの奥様や愛娘までがお出迎え。
ヴィニョーブル・ラトゥース
挨拶(あいさつ)が終わるやいなや、早速すぐ横手の畑へ。

午後9時になるというのに、日本の夕方のような陽射しが
差し込むブドウ畑。

緑の葉、とすでに実がたわわについた緑のブドウが、オレンジ色を浴びている。
ブドウ

高い建物もなく、360度見渡す限りが、全てヴィニョーブル・ラトゥースの畑。

そこでは、オーナーである、デヴィッドが他の畑との栽培の違いを
丁寧にかつ情熱的に説いてくれました。

その熱い思いは、通訳する道上が、我々に対しての日本語を間に入れられないほど。

情熱的に語るデヴィット氏
動画はこちらから
(再生時間4分13秒)

広大な敷地(しきち)をもつヴィニョーブル・ラトゥースは、もちろん歴史もあります。
デヴィッド氏が4代目。

この地域で、常に革新的(かくしんてき)な手法を取り入れてきた。

機械化でコストを削減できるところは機械化に。
ブドウの樹木の畝の間隔(かんかく)が3mと広いのも、ラトゥース社が始めて導入したブドウ樹専用の自動収穫機(じどうしゅうかくき)を使うため。

自動収穫機自動収穫機

もちろん、それだけでなく手摘(てづ)みも行なう。

改革の失敗を恐れずにできるのは、先代が増やしていった広い畑があるから。
今でも、栽培に対する挑戦は続いている。

醸造コンサルタントとして、一躍有名になったミシェル・ローランにも一時期監修してもらうもその後は、彼の良いところだけを取り入れ、独自にワイン造りを進化させていっている。 彼らが目指しているワインが「美味しいワイン」だけでなく、いかに「リーズナブルに楽しめる」かが大事であることが、ひしひしと伝わってきます。

デヴィッド氏の眼が、時に真剣に、時に温かに、我々と、ブドウ畑を行き来する。
ブドウ

恐らく、この後の予定がなければ、1時間でも2時間でも話し続けるでしょう。

それだけ、ワインというものに、魂をこめている。
逆をいえば、ワインが人を魅了している。

あっという間に30分が過ぎた。もう9時を回っています。 歓迎のディナーの準備も整ってきたようです。 夕闇が近づく、シャトーのエントランス前で軽くアペリティフ。
アペリティフディナー

自家製のフォアグラを使ったカナッペ、メロンと自家製の鴨の生ハム。
自家製というところがやはり、シャトーならでは。

そして、ワインは
ヴィニョーブル・ラトース・キュヴェ・スペシャル L 2009年 (リンク先は2008年) 

樽の風味で、コクのある味わい。

この季節の屋外、しかも夕暮れに飲むには、最高のワイン。
さすがのセレクション!

広大なブドウ畑とヴィニョーブル・ラトゥースに、
そして、これから、出てくる大量のご馳走ディナーに 乾杯!



▲ページ上部へ

ページトップへ