RSS

2012年8月度頒布会ワインレポート 3/3 【ヴィュ・シャトー・ラモット2001年 375ml】




8月度頒布会ワイン・レポート 3/3

MICHIGAMIワイン頒布会に加入して頂いているお客様へお届けするワインを、
テイスティングで紹介していきます。


ヴィュー・シャトー・ラモット2001年 375ml




カビキャップシールを切ると、コルクの外側にうっすらとカビが。良い環境で熟成を経たワインの証が出ています。

グラスに注ぐと、輝きをもった濃いイエロー。ゴールドに近い色合いをしています。外観からも味わいの濃厚さを感じさせます。

樽熟成していない辛口ワインでも、こんなに濃い色が出るのだと、このワインを開けるたびに感心してしまいます。


香り

ラモット375mlレモンシロップのような、柑橘系と煮詰めた果実のような香り。この香りは2008年にも共通して感じられる香りです。

リンゴと洋ナシを合わせたような、そこに蜂蜜を少し垂らしたような、複雑な香りがあります。 フレッシュな葡萄の果実や、ハーブの香りは薄らいでいます。酵母の香り、セメントのような香りも感じられます。

ソーヴィニヨン・ブランよりも、セミヨンの個性が前に出てきています。さらに、この2001年には、ソーヴィニヨン・グリという補助品種が10%入っています。香りにはあまり特長が表れていませんが、白胡椒のようなわずかに舌にぴりっとした刺激が残る感覚、これがソーヴィニヨン・グリの個性です。


味わい
コクがあり、しっかりとしたボディーを感じます。
果実感は熟成によって落ち着きを見せ、酸味も大人しい。
果実味が豊かな2009年のシャトー・ラモットとは、まったく異なる味わいに変化しています。

若いヴィンテージに共通して感じられる、フルーティーな甘みがまったくない、舌の上が乾くような超辛口です。 10年以上熟成しても美味しくなる白ワインは、ほんの一握りですが、疲れている印象は受けません。余計な雑味が洗練され、凝縮感に満ちた味わいです。

余韻は長く続くというより、コクのある力強い後味が、すっと消えるような感じがあります。 クリームソースのパスタ、ガーリックトースト、白身魚のハーブ風味のパン粉焼き、サーモンの蒸し焼き、味噌、醤油を使った和食との相性も抜群です。

ボリュームがしっかりしているので、鶏肉や豚肉とも合わせられます。
白ワインには珍しく、前菜からメイン、デザートまでこれ1本で通せてしまう、
まさにオールラウンド・プレイヤーと呼べる1本です。






▲ページ上部へ

頒布会

ページトップへ