RSS

ソムリエの追言「ワインのスタイルを決める気候と雨」


ソムリエの追言
「ワインのスタイルを決める気候と雨」



まだまだ日中は暑い日が続きますね。

厳しい環境は人間にとっても、ブドウにとっても つらいです。
ブドウも30℃以上では、光合成(こうごうせい)の働きが悪くなるようです。

呼吸の方が多くなるようなんです。ちなみに 5℃以下では
光合成がおこなわれないそうな。

ところで、植物の活動のリズムは、我々とは違います。

暦(こよみ)や時間なんて、人間だけのものですからね。

光も活動リズムにとっては大事なんですが、
根の成長、芽吹き、開花や実をつけるなど、
そういった植物の成長に関わってくるのが温度・気温なんです。

その気温は、各地の気候によって様々です。
フランスでも、ボルドーとブルゴーニュでは、気候が違います。

ご存知ボルドーは、大西洋のすぐ近く。
この地は、海洋性気候の恩恵を受けています。

海の温まりにくく、さめにくいといった水の特徴によって、
昼と夜、季節ごとの寒暖(かんだん)の差が激しくありません。
また、暖流(だんりゅう)の影響で、比較的、緯度(いど)が高い地域ながらも
あまり寒くならないようです。

大陸性気候のブルゴーニュ地方が、冬に氷点下になることを考えれば、
ボルドーの海洋性気候は、ブドウの樹にとって過ごし易い気候・場所であるといえます。
海洋性気候のもう一つの特徴は雨です。

低気圧によって、雨が多い時期と、晴れ間の多い
安定した時期とが、不定期にやってきます。
そうは、いっても、年間の降水量は、東京や日本のワイン生産地よりも少ないです。
また、夏から秋にかけての雨が少ないのも、ワイン作りにとって最適です。

実はこの雨の降り方が、できあがるワインに影響を与えるんです。



ボルドーでは、ご覧の通り、ブドウの生育期4月から9月末までの
降水量がだいたい400mmくらいです。

一方、同じブドウ カベルネ メルローも使うカリフォルニアは
全くというほど雨が降りません。同じ6ヶ月で、なんと50〜60mm!
ボルドーの8分の1です。

ワイナリーによっては、水分がたらなくて、水を補給する設備を
用意しているところもあるくらいですから。
日照量の多さと温度も手伝って、どんどん、果実の成分だけが 濃くなっていく。
だからこそ、ワインにあれほどの、果実の凝縮感(ぎょうしゅくかん)が生まれるんですね。

また、反対に日本の気候では、できあがるワインは、その対極で、どうしても 水っぽさを感じてしまうんですね。特に赤ワインです。
この頃はどうなんでしょうか、品質が上がってきていると聞いてますが・・・。

そんな意味では、ボルドーの海洋性気候がもたらす雨の恵みは
ボルドーワインのエレガントさを造り出す、重要なエッセンスなんですね。

長い歴史の中で気温、雨、土壌 を含めてその地に最適なブドウが 根付き、その魅力を発揮してきたのがボルドーワインです。




▲ページ上部へ


前号へ | 次号へ

ページトップへ