RSS

ワインも決まりも 人 次第

アイスワイン「ヴィノ・ドゥルセ・デ・イエロ」が議論

スペイン初のアイスワインDOとして認可された「ヴィノ・ドゥルセ・デ・イエロ」が議論を呼んでいる。 このワインはバルセロナ東のペネデス地域で生産される。「ドゥルセ」は甘口、「イエロ」は氷を意味する。ヨーロッパのほかの産地のアイスワインは、ブドウの樹の上で凍結したブドウを搾って造られる。このワインは収穫後に、機械的に凍らせたブドウでも許される。

また、難しい話ですね。 ポイントは凍らせたブドウでも の「も」の部分。 分類をアイスワインとしなければ良かったのになぁ と思います。 おそらく、後で何パーセントまでとか決まるんではないでしょうか。 または、シャンパーニュ・スパークリング (シャンパーニュと同じ瓶内2次発酵したもの) ・スパークリング (後から炭酸ガスを加えたもの) の分類のように製造方法を明記するとかね。 アイスワイン (天然氷結製造)  アイスワイン (冷凍製造) とか。

ワインも、決まりも 人が造るもの。 ワインが美味しくて人気がでれば、それに見合った寛大な修正がされると思います。 政治的なからみもきっとあると思います。 どう決着していくか、楽しみです。

平野 賢一郎  ソムリエ協会認定 シニアソムリエ 

ページトップへ