RSS

はやくも到着ボジョレー・ヌーボー



今年の販売価格を、スーパー・コンビ二 でみると、大分下がってきたなぁと感じます。 有名どころが¥3000を切っているわけで、あらためて、大手の流通のしくみ、数の強さというものを感じます。 つい、4,5年前までは、¥3000を超えてましたからね。 どうして、高いかというと、この記事のとおり、航空便な訳ですよ。 一般のワインは、船便です。フランスからなら2、3ヶ月かかります。

それが、税関やら、日本国内の物流ならで、解禁日の約3週間前に、到着させるために、飛行機ですから。 年末や、年明け、または、3月ごろに、忘れ去られた売れ残り?のボジョレー・ヌーヴォーが安売りの対象になっているのを、コンビ二などで見かけたりします。 これも、なんかさびしい気持ちにさせますね。

当たり前になってきた、ボジョレー・ヌーヴォー。ボジョレー・ヌーヴォー・ヴィラージュも一緒に売り出されていて、こちらのほうが、ランク上ということも、浸透してきているかもしれません。 しかし、本来の価格に近づけば、近づくほど、ボジョレー = 安ワインのイメージが拭えなくなってしまうのではないでしょうか。

熟成もできるボジョレーの クリュ・ボジョレーも 97年のワインブームで取り上げられても、その後は・・・。 有名になることと、理解されることとは、これまた別のものです。 すべてが、イメージ、イベント化にならないように願いたいものです。

なお、当店はボジョレーは扱っておりません。 その分、この時期に、ボルドーの熟成をぜひとも体感していただくべく特集を組んでおります。
新酒(ボジョレー・ヌーヴォー)が何だ!紅(くれない)ボルドー

また、サイトよりワインお買い上げのお客様には、ボルドー旅行が当るキャンペーンも開催中です。 フランス ボルドー 旅行が当る キャンペーン
どうぞよろしくです。

平野 賢一郎  ソムリエ協会認定 シニアソムリエ

ページトップへ