RSS

やっぱり旨いなぁ ボルドー熟成ワイン!

今日は、なんと当店の 熟成ワインの社内試飲会でした。

いやー、久々に熟成ワインを堪能しました。 シャトー・ラ・ジョンカードの 1985年1971年 のマグナムです! 1971なんか、香り味わいともに単なる飲み物ではないですね。 香りも、コーヒーキャンディーから、カラメル、スパイス、氷砂糖にモンブランの栗のペーストに 次第に、出汁のような 香り、枯れ葉 や腐葉土、トリュフ、ドライフラワーのバラ、ナッツ・・・ 1985年を含めて香りの洪水です。

どちらも、色はガーネットに 琥珀色とレンガ、オレンジの色合いが、エッジにかかっていて、熟成の証を、まざまざと見せ付けてくれます。 もちろん、どちらも なめらかな、絹のような味わい。 果実味は85年が、ややボリューム感を出していましたが、 とにかく、すべるようなバランスのよさ、果実味甘味、旨み 渋味・酸味のハーモニーは、もはや、飲み物の域を超えています。

余韻も、どちらも 10秒以上と長く、ワインの存在感をはっきりと示していました。 この味わいがあるから、ボルドーの奥深さに敬意をはらわずにいられないし、ボルドーの偉大さを忘れるわけにはいかないのです。 この2つのワインも、 シニア・ソムリエ 平野が 自信をもってお薦めします。 ぜひ、一度は、ボルドーワインの本当の熟成を味わって頂きたいです。

熟成ワインのフェアもやっていますが、さすがにこの2つのワインにはかないません。 ムートンとか、ラフィットとか、新しいビンテージのワインを8万近く払って買うより、絶対お得ですよ。 そんなに、在庫があるワインではないので、何かの御祝、記念日には、ぜひ、お買い求めくださいな。 このワインに触れて 初めてボルドー赤ワインの真髄に触れる。そう思っています。

ほろ酔いというより、熟旨ワインにご満悦の   
平野 賢一郎  日本ソムリエ協会認定シニア・ソムリエ

ページトップへ