• 【木箱入り】シャトー・ラ・ジョンカード赤ラベル1975年【フランス・ボルドーAOC/赤ワイン/フルボディ】
シャトー・ラ・ジョンカード赤ラベル 1975年 シャトー・ラ・ジョンカード赤ラベル 1975年 シャトー・ラ・ジョンカード赤ラベル 1975年 シャトー・ラ・ジョンカード赤ラベル 1975年

商品説明

▼ 商品説明の続きを見る ▼

価格:25,000円(税込)

注文

購入数:

【容量】750ml【木箱入り】

(赤ワイン/辛口・フルボディ)※木箱入り

ボルドーAOC 
ボルドーAOC
メルロー:20%
カベルネソーヴィニョン:75%
カベルネフラン:5%

【商品情報】


赤ラベルは、樹齢45~55年の充分に成熟したブドウの木を使用して、カベルネ・ソーヴィニョンの品種のブドウを多く原料に使用しております。

カベルネソーヴィニョン種のブドウは、長期熟成させる程に、味、香りを深めていくことに特長があり、10年以上熟成して、いよいよ飲み頃を迎えるワインとなります。

また、品質へのこだわりとして、特に優れたブドウの収穫年にしか生産を行わないことで、自信を持ったワイン作りを行っています。

新樽で16ヶ月以上寝かせてあり、樽香の香りが料理の味わいに華やかさをもたらします。

タンニンが細やかで、肉厚な果実味とスパイシーな風味が口の中に広がります。

メルロとカベルネ・ソーヴィニヨンの特徴をバランス良く合わせ持ち、華やかな香り。オーク樽で数年寝かした、まさにジョンカードの最も優れたワインです。

【スタッフコメント】

熟成を経て初めてその優雅さを発揮する、真のボルドーワインを表現するにふさわしい潜在能力を持ったワイン。

作柄の良い年のみにリリースされる同シャトーのトップに当る品質は、ボルドーワイン愛好者ならば、一度は味わうべきワイン。開栓後、翌日に一層美味しくなっている事も。ジョンカードシリーズ最高峰の赤ラベル、納得の1本です。

外観

グラスの中心からエッジにかけて、深い深紅、レンガ色、そして黄色味を帯びたオレンジへと見事なグラデーションを見せています。

グラスの中に、紅葉の微妙な色調の変化を少しずつ詰め込んだような、不思議と温かみを感じさせる色合いです。 40年以上の時を経て、ワインに透明感をもった輝きが出ています。

引き込まれる程の美しいグラデーションは熟成ワインのみに与えられる勲章です。この外観の美しさ、どことなく出ているはかなさは若いワインには出せるものではありません。

香り

ボトルを開けグラスに注ぐと、辺りに漂う複雑で時に甘さを感じさせる華やかな香り。

香りのボリュームをしっかりと感じます。グラスを回さずに香りを嗅いでみるとハーブとスパイスがあわさった香り。

若々しい香りではなく、いずれもドライハーブ、ドライスパイスのような印象です。

グラスを回して香りを広げていくと、赤い実の皮のような香りもしてきます。

ドライプルーン、干しイチジクのような甘く熟した香りもあります。 まさに複雑。 2分もすると出汁や醤油の香り、さらに他の香りもでてきました。

様々な香りが現れては、徐々に混ざり合っていき、えもいわれぬ熟成香を発しています。 葡萄果汁からは想像もつかない、すり潰したナッツのような香りも感じ取れます。

味わい

しっとりとして、なめらかな口当たりです。

酸味が全体に張りをあたえ、しなやかさを持ちあわせたまろやかな味わい。 厚みのある柔らかさが心地よさを感じさせます。この感触は熟成ワインならでは。

甘味も単なる甘さではなく、丸みを帯びた甘味と磨かれた甘味が一体となったような。

旨みはかすかながらも、その存在をみせワインの奥深さを醸し出しています。 またこの旨みは、肉料理と出会えば肉汁の旨みとの相乗効果で更なる味わいへ昇華していきます。

料理

繊細なワインですので、若いヴィンテージのように赤身の肉と合わせることはお薦めしません。

このジョンカード1975年赤ラベルを飲むときには、何も食べず、ワインのみをじっくり味わう事をお薦めします。

もしこのワインと一緒に何かを食べたいのでしたら、脂の少ない肉、例えばポークフィレのシャンピニオンソースがけと野菜の付け合わせをお薦めします。

繰り返しますが、このワインはとても繊細です。ですから、目的はワインの味わいを引き出し切る方法と、このワインと完璧に合うものを見つけることになります。豚肉はかなりパサパサしているので、ソースを添えるのは重要ですが、クリーミーすぎるものはワインを台無しにしてしまいます。

いつもは何か料理と一緒に飲む事をお薦めしていますが、 このワインは是非とも、歴史あるヴィンテージワインの味わいをじっくりと堪能してみるのも良いかと思います。

備考

リリースして45年以上を超えるワインです。 当然、澱(おり)が発生しているはずです。 飲む前、最低1日、できるなら1週間程度 ボトルを立たせておくとより美味しく飲めます。

40年を超える熟成、余韻も短くなってきていることから開けたらできるだけ早く飲み切って下さい。 翌日に持ち越さないことをお薦めします。

※このワインは製造から45年以上たっております。

古いワインによくあることなのですが長い年月の間にコルクが劣化している場合があります。 きれいに抜栓できず、ボトルネックにコルクの一部が残ってしまった場合は無理に取り出さず、 残ったコルクをボトルの中に押し込んでワインの中に落としてしまってください。

コルクのかけらが混ざったワインはコーヒーフィルタで濾して漏斗などを使い別の瓶(デキャンタなど)に 移し替えていただければ問題なく召し上がっていただけます。
コーヒーフィルタはティッシュペーパーでも代用できます。

もう一点できればお願いしたいことがございます。

このワインは製造の過程でフィルタにかけて澱を取り除いているのですが、 それでも年月が経つとあらたに澱が発生します。

召し上がる一週間ほど前にボトルを立てておいていただければ澱(おり)も沈殿し より美味しく召し上がっていただけるかと存じます。

40年以上の歳月を経たヴィンテージワインの深味をお楽しみいただけることを心から願っております。

【生産者情報】


シャトー・ラ・ジョンカード

ボディのしっかりとしたコクのある赤ワインでその上品な味わいは、メドックの格付シャトーにも負けていません。 上質な土壌を持つ絶好の条件に恵まれたシャトーです

1989年フランスで最も権威のあるブラインド・テイスティングで1位に輝いた実績のあるシャトー・ラ・ジョンカード。 かの有名なペトリュスはその時5位。

知られざる秘蔵シャトーの赤ワインをお求めやすい価格でお楽しみ頂く事ができます。

シャトー・ラ・ジョンカード詳しくはこちら

  • 価格:25,000円(税込)

関連商品