• 【木箱入り】シャトー・ラ・ジョンカード赤ラベル1975年 マグナム 1500ml 【フランス・ボルドーAOC/赤ワイン/フルボディ】
【木箱入り】シャトー・ラ・ジョンカード赤ラベル1975年 マグナム 1500ml 【フランス・ボルドーAOC/赤ワイン/フルボディ】

商品説明

▼ 商品説明の続きを見る ▼

価格:50,000円(税込)

注文

購入数:


(※写真は1998年ヴィンテージの物です)

【容量】1500ml

(赤ワイン/辛口・フルボディ)

ボルドーAOC 
ボルドーAOC
メルロー:20%
カベルネソーヴィニョン:75%
カベルネフラン:5%

容量が大きいだけはなく、マグナムボトルの大きなボトルがもたらす熟成への影響により、一層深い奥行きとスケール感をもたらします。マグナムボトルならではの最高の味わいを是非ご堪能下さいませ

【マグナムボトルについて】

フランスワインの標準的な、ボトルサイズは750mlであるのに対し、マグナムサイズは2倍の1500mlの量が入っています。

ワインは、ボトルのまま寝かせておいても、どんどん熟成が進んで、美味しさや香りを変化させていきますが、マグナムボトルで寝かせておくと、このボトル内の熟成がさらに、美味しさをアップさせるといわれています。

この秘密は、マグナムボトルのややずんぐりとした(1500ml)形状にあります。注ぎ口の大きさが、750mlの標準ボトルとあまり、変わらないのに、胴体部分がどっしりとして、注ぎ口部分の空気に、ワインが触れにくくなり、より安定した熟成作用をもたらします。

更に、量が多い為、一般の750mlよりも熟成が穏やかになり、深みのある良質で飲み応えのあるワインに仕上がってきます。

熟成を経て初めてその優雅さを発揮する、真のボルドーワインを表現するにふさわしい潜在能力を持ったワイン。

作柄の良い年のみにリリースされる同シャトーのトップに当る品質は、ボルドーワイン愛好者ならば、一度は味わうべきワイン。開栓後、翌日に一層美味しくなっている事も。ジョンカードシリーズ最高峰の赤ラベル、納得の1本です。

外観

グラスの中心からエッジにかけて、深い真紅、レンガ色、そして黄色味を帯びたオレンジへと見事なグラデーションを見せています。

グラスの中に、紅葉の微妙な色調の変化を少しずつ詰め込んだような、不思議と温かみを感じさせる色合いです。 若いヴィンテージのジョンカード赤ラベルでは、黒や紫の色素が強くグラスの向こう側が見えない程に濃い色調を湛えていますが、 40年以上の長き年月を経て、ワインに透明感をもった輝きが出ています。

引き込まれる程の美しいグラデーションは熟成ワインのみに与えられる勲章です。この外観の美しさ、どことなく出ているはかなさは若いワインには出せるものではありません。

香り

ボトルを開け、グラスに注ぐと、辺りに漂う、複雑で、時に甘さを感じさせる、華やかな香り。香りのボリュームをしっかりと感じます。

グラスを回さずに香りを嗅いで見ると、ハーブとスパイスがあわさった香り。それ以外は、最初にとりづらいですね。スミレやバラのドライフラワーの香りとでも表現しましょうか。 グラスを回して香りを発たせると、赤い実の皮のような、香りがします。 ドライプルーン、干しイチジクのような香りもあります。

とにかく、表現が難しいですね。まさに複雑。 2分もすると、他の香りもでてきます。削り節でしょうか。 このあたりは、いま、すこし、刺激的に感じますが、もう少しすると、出汁や醤油の香りに繋がってくると思いますよ。あとは余り言い表現ではありませんが、タール のような香りもとれます。

様々な香りが現れては、徐々に混ざり合っていき、えもいわれぬ熟成香を発しています。ナッツのような、香りがそれです。 徐々に甘いキャンディーのような香りも現れてきます。

これらの成分が絡みあってまとまり、一つの芳香をつくっています。その芳香の塊に入りこんでみると、初めて、この香りは 花だ 果実だと 解かる。で、一瞬で、まぎれていく。 そう、これが熟成ワインの香りなのです。

味わい

口当たりが、なめらかです。酸味が張りをあたえ、しなやかさを持ちあわせた、まろやかな味わい。厚みのある柔らかさが、心地よさを感じさせます。この感触は、熟成ワインならではです。軽い赤ワインでは、この厚みはでませんし、若いワインでは、このなめらかさはないです。まさに、ビロードなんて表現が当てはまるでしょう。

ただ、面白いのは、果実味に渋味が溶け込んでいる様子、果実味の成分が粒として網目にならんでいるところに、渋味が入り込んでいるような感じです。意識を集中すると、果実のボリュームが、縦にも横にも感じるさまは、ジョンカード赤ラベルならではの生命力、躍動感です。

渋味も細かいながら、強さを発揮しています。すこしザラツキがあるほど。なかなか、こんなワインには、出会えません。 味わいの変化をはっきりと感じます。

30分もすると、果実味のなかに、よりなめらかな甘旨さがでてきます。若いワインの濃さの中にある果実味とは違い、染み渡るような広がりのある果実味が印象的です。甘味も、単なる甘さではなく、丸みを帯びた甘味と磨かれた甘味が一体となったような。あくまでイメージですが、上質な砂糖を、煮詰めてカラメル上にしたものを、これまた上質な軟水で味を調えたエキスのような味わいでしょうか。 旨みは、かすかながらも、その存在をみせ、ワインの奥深さを醸し出しています。

グラスの中で起こる現象の正体は単なるワインというよりは、たゆらいながら変化をとげる至極の液体です。 1975年のワインが熟成をしつづけているまさにその瞬間を、感じます。ただの熟成ワイン、単なる良いヴィンテージワインではこの現象を感じることはできないでしょう。

飲み終わると、今まで存在したはずの舌上の幸福がはかなく、幻のように姿を消えた瞬間に、奥から呼び起こされる、かすかに熱さをともう、余韻がさらなる心地よさをかんじさせてくれる。その余韻も、10秒とやや長め。まだ熟成ができることを、私達にアピールしています。 全体的な味わいを例えるなら、プロフェッショナルから芸術家へ変貌していくような感じです。

なめらかさ、果実味が洗練されていながらも、そのパワーを感じるさまは、まさに芸術の域に入ってきています。 口にしたときに、人々の表情を悦びに変えるワインとは、まさにこのワインです。

料理

この旨みは、肉料理と出会えば、肉汁の旨みとの相乗効果で、更なる味わいへたどりつけます。マリアージュなる、料理の組み合わせも、このワインにおいては、こだわる理由もうなづけます。

備考 お召し上がりの直前に開栓してください。また沈殿物を沈める為、お飲みになる1週間前位からボトルを立てておいて下さい。
シャトー・ラ・ジョンカード

ボディのしっかりとしたコクのある赤ワインでその上品な味わいは、メドックの格付シャトーにも負けていません。 上質な土壌を持つ絶好の条件に恵まれたシャトーです

1989年フランスで最も権威のあるブラインド・テイスティングで1位に輝いた実績のあるシャトー・ラ・ジョンカード。 かの有名なペトリュスはその時5位。

知られざる秘蔵シャトーの赤ワインをお求めやすい価格でお楽しみ頂く事ができます。

シャトー・ラ・ジョンカード詳しくはこちら

  • 価格:50,000円(税込)

関連商品