• NEW
  • シャトーヌフ・デュ・パプ キュヴェ・トラディション 2017年【フランス・AOCシャトーヌフ・デュ・パプ/赤ワイン/フルボディ】

商品説明

▼ 商品説明の続きを見る ▼

価格:9,400円(税込)

注文

購入数:

こちらのワインはロバート・パーカーによるパーカーポイント94点です。

元Wine AdvocateのJeb Dunnuckが立ち上げたJeb dunnuck.comでも94ポイントの高評価。

WINE SPECTATOR では92ポイントを獲得しています。

シャトーヌフ・デュ・パプ

シャトーヌフ・デュ・パプ

シャトーヌフ・デュ・パプ

【容量】750ml

(赤ワイン/辛口/フルボディ)

AOCコート・デュ・ローヌ 
フランス・AOCシャトーヌフ・デュ・パプ
グルナッシュ75% ムールヴェードル11% シラー11% ヴァカレーズ、クノワーズ、サンソー3%

シャトーヌフ・デュ・パプ
南フランスローヌ地方の中でも南部の高級ワイン産地。地中海性気候で年間100日以上のミストラル(フランス南東部に吹く地方風)が、空気を乾燥させブドウを健やかに保ちます。

特徴的なのが古代ローヌ河によって運ばれた石が激しい流れにより丸く蓄積された小石がゴロゴロ転がった畑。

この丸石が太陽の熱を集め、保温効果を高めぶどうが完熟するのを促進をする作用があり、凝縮感を持ったブドウに育ちます。

また土壌は、赤い砂岩、砂地、粘土質の土の上に石灰岩などの特徴があり、この多様性とバラエティに富んだぶどう品種を生産者がうまく組み合わせてそのスタイルでシャトーヌフ・デュ・パプのワインに強烈な個性と特徴を与えています。

シャトーヌフ・デュ・パプという名前は「法王の新城」という意味があり、ワインボトルには法王の紋章が入っているものが多く見受けられます。

ローヌ地方はコート・デュ・ローヌなどリーズナブルなワインが多いですが、このAOCシャトーヌフ・デュ・パプは高級ワインが多いです。もちろんその実力は数々の著名ワイン評論家や、ワイン専門誌から高評価を経ています。

ブドウの平均樹齢: 45~50年

丸い小石が粘土質の石灰岩の土壌の上に散財し、日中は太陽の熱を集め、夜に保温の役目を果たし、ブドウの熟成に大きく役立ちます。 小石、粘土、砂が混合した土壌。

温度調節可能なコンクリートタンクでの伝統的なワインづくり、60%以上の除梗。発酵前に数日間の低温での醸し。毎日のピジャージュ(タンクのかき混ぜ)、ルモンタージュ(ワインの循環)には細心の注意を払って行われました。

オーク樽とデミムイド(600リットル容量の樽)熟成 12~18ヶ月

シャトーヌフ・デュ・パプ

パーカーポイント94点!生産者「ドメーヌ・ボスケ・デ・パプ」は2016年にNEW YORK TIMESが選ぶBEST CHATEAUNEUF DU PAPEに輝いたことも。数々の高評価は伊達じゃありません。さすがの一言。

濃い味わい、濃厚なエキス、かといって重すぎない。旨味がぎっしりと詰まった1本。

外観 光沢のあるハイライトの鮮やかな赤紫の色。
香り

赤いベリー、甘い熟したプラム、チェリー、甘草のダッシュの交錯する香り。

熟した赤いサクランボとラズベリーのわずかにとげのある花(明るい部分と暗い部分の中間)、微妙なスパイスボックス、乾いた干し草/草、 コケのある豊かな湿った森の床

味わい

赤い果実は味わいが濃く、しっかりとしたスパイス、オーク樽、ほんの少しミネラルを含む紅茶、非常になめらかでリッチで、時間が経つとクリーミーで豊かなテクスチャーを感じます。

フルボディでほのかな甘み、かつ重すぎない。

料理

ソースで味付けした肉。ウザギやイノシシなどのジビエ、伝統的な中国の豚バラ肉の煮込み(ドンポーポーク)、韓国のマリネビーフ(ブルゴギ)

より美味しく

16℃~18℃

ドメーヌ・ボスケ・デ・パプ / Domaine Bosquet des papes

「シャトーヌフ=デュ=パプは世界最高峰のグランクリュです。私たちはそれを誇りに思っており、私たちのワインに対する情熱をワインから感じ取っていただければ幸いです。ーニコラ・ブァロンー」

生産者は1860年から続く老舗。最新の技術を取り入れながらも、シャトーヌフ・デュ・パプに最高の敬意を表すため伝統的なワイン造りを守り続けています。

Boiron家は1860年にエマニュエル・ブァロンが地元のブドウ園に投資して以来、5代に渡ってワインを生産しています。

2代目のジョセフ・ビクター・ブァロンが1936年に「クロ・シャントメルル」と名付け、1966年から現在の「ボスケ・デ・パプ」をドメーヌ名に冠しました。

世代を継承する毎にそれぞれが土地を拡大し、テロワールを尊重し、品質の維持、向上に務め、現当主であるニコラ・ブァロンと妻クレアが現在、伝統的なワイン造りを守りつつ、最新の技術も取り入れ今ではミシュラン3つ星レストランのワインリスト常連(パリのGUY SAVOY、パリのフォーシーズンズホテルのLE CINQ、サン=ボネ=ル=フォワのREGIS ET JACQUES MARCONなど)となり、様々なワインコンテストやワイン評論家より高い評価を受ける生産者となりました。

NEW YORK TIMESは2016年のBest Chateauneuf Du Pape にこのドメーヌ・ボスケ・デ・パプの作ったワインを1位に選んでいます。

ブドウはすべて手作業で収穫されます。伝統を尊重しながらも、技術の進歩にも適応し進化し続けています。

ニコラ・ブァロンは非常に高いレベルでラグビー選手としてプレーをしました。今日では多くの有名なラグビー選手が彼の元を訪れます。

ブドウ畑の総面積32ヘクタール、赤ワインのシャトーヌフ・デュ・パプ27ヘクタール、白ワインのシャトーヌフ・デュ・パプ1.5ヘクタール、コート・デュ・ローヌ 3.5ヘクタールの畑を有しています。

ドメーヌ・ボスケ・デ・パプ

ドメーヌ・ボスケ・デ・パプ

ドメーヌ・ボスケ・デ・パプ

ドメーヌ・ボスケ・デ・パプ

ドメーヌ・ボスケ・デ・パプ

ドメーヌ・ボスケ・デ・パプ

  • 濃密・濃厚。高級感あふれる仕上がり。香りも芳醇。翌日より美味しく感じた。(埼玉県 Y.K様)
  • とても美味しかったです。幸せ。この生産者のもう1本の方のシャトーヌフパプも飲んでみたい。(東京都 T様)
  • 甘みと酸味のバランスが程よく、しっかりとした骨格。余韻長め。凝縮した果実感。高品質。(京都府 T.S様)

シャトーヌフ・デュ・パプ

  • 価格:9,400円(税込)

関連商品