RSS
ワイングラス

一般にボルドーと呼ばれているグラスは細長く舌の奥にワインが流れせっかくのワインの美味しさを損ねる場合があります。まあるいグラスですと、舌の先(前の部分で甘さを感じる部分)にこぼれ、道上ワインの持つ独特の甘さを堪能する事が出来ます。

ワインを、ご家庭で美味しく召し上がるのでしたら、ワインのグラスにも 気を使いたいものです。ワインは、使用するグラスによっても、香りや味の引き立ち方が異なり、 同じ、ワインをグラスを変えて、飲み比べてみるのも又、一興です。

赤ワイン
香りを楽しむために大ぶりなグラスに注いだ方が良いとされています。

白ワイン
白ワインは、冷やして飲むので、小ぶりで、ガラスの肉厚なグラスで、
あまり時間をかけずに飲み干したほうが、美味しく召し上がれるとされています。

シャンパン・スパークリングワイン
シャンパンなどの発泡ワインは、口細で背の高いフルートグラスで、炭酸ガスの持ちを良くし、 グラスの底から立ち上る、泡の美しさを楽しむ のが良いとされますが、 女性の方は、口広浅型のクープタイプのグラスで 召し上がると、飲み干す時に喉元が見えず、エレガントだともいわれます。 パーティや改まった席で乾杯をするときにクープタイプのグラスを用いるのもこの理由からきています。

さらに、ワインをお楽しみいただくためには、カラフェやデカンターを使って、デキャンタージュをしてみては如何でしょうか。
熟成しきっていないワイン もデキャンタージュによる移し変えの過程で空気に上手に触れさせることで見違えるほどに美味しくなることがあります。



商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜11件 (全11件)

1件〜11件 (全11件)

ページトップへ