RSS

ワインのAOCとは?安心で美味しいワインの品質保証

AOCとは


AOC フランスワインは品質を守るため厳しく管理・統制したワインの格付けを行っています。そのレベルの高いフランスワインの中で、最高級に格付けされるのがAOCワインです。

なぜフランスワインは世界一と言われているのでしょうか?

その秘密のひとつが、「AOC」という基準に示される、フランスのワインに対する姿勢です。 現在、ワインの生産量ではイタリア、ぶどうの栽培面積ではスペイン、とフランスはそれぞれ世界一の座を譲っています。 しかし、品質の高さ、洗練されたワイン文化、知名度など、フランスワインの名声は今もなお世界一の座に君臨し続けています。

これはもちろん、フランスの気候・風土が、ワイン用ぶどうの栽培に適している事も大きな理由ではありますが、 1935年に制定された「AOC法」による、国を挙げて品質の維持・向上に取り組んでいる事こそが、フランスワインをその地位にあらしめているのです。

AOCとは、「Appellation d'Origine Controlee」の略で、直訳をすると「原産地統制呼称」。

その名の通り、フランスの「産地名(地方・地区・村)」を名乗るワインをつくる場合、決められた基準をクリアするように定められた法律です。 各地方ごとに、その製法・原材料などが厳格に決められおり、それにのっとったもので、 なおかつ国立原産地名称研究所という公的機関の許可があって初めてAOCのワインと名乗れるのです。

この法律は元々、各地方の伝統的製法や、原材料、地場産業の保護の為に制定されました。 自国の文化の宝でもあるワインの製法に厳格な基準を設け、その文化と価値を守る事が目的でしたが、 その事はそのまま、ワインの品質の維持・向上につながるものとも言えます。

それぞれの基準にもしっかりとした理由があります。 たとえば、ヘクタール当たりのブドウ収穫量の限度を決める事などは、少ない収穫量を保つことで糖度の高い葡萄を収穫するためですし、 生産地・ぶどう品種・栽培法・醸造法・アルコール度数も同様に、「美味しいワイン作り」の為に、「高い品質を保つ」為にこそ厳格な基準が定められているのです。 従ってAOCのワインである、という事は「一定以上の味」という基準を満たしている証明である、とも言えるのです。

フランスでこのAOC法はワインだけでなく、チーズやバターにも定められています。 フランスの文化や質を守ろう、という国を挙げての姿勢が、フランスワインの、AOCワインが世界のワインのトップを走る原動力となっているのですね!

MICHIGAMIワインでは、ほぼすべてのワインがこのAOCワインとなっています。 AOCは現在のフランスでは最高格付けのワインに分類されています。 一定以上の「ワインの質」の保証、AOCである上、弊社での厳しい吟味をもパスした逸品揃いのワイン達。 是非ともご賞味になられてはいかがでしょうか。

ページトップへ