RSS

8.3(月)朝日新聞定年時代ワインセミナー&テイスティング

日時:
2009年8月3日(月)14:00〜16:00
参加人数:
14名+スタッフ5名
会費:
2,000円
場所:
港区虎ノ門 岡三証券アジア情報館
今回はヨーロッパを味わう会の特別編。朝日新聞の折込広告定年時代の読者の中から選ばれた方を対象にワインセミナー&テイスティングの会をMICHIGAMIワインが運営いたしました。
朝日新聞折込定年時代7月下旬号より

【内容】
・ ボルドーAOC赤ワイン、白ワイン、ロゼ、スパークリングワイン。全8種類
・パテとリエット(特別注文)
・素敵なおみやげ付き


今回テイスティングしたワインと皆さんの評価はこちら


今回はスパークリングで乾杯後、弊社道上がワインにまつわる話を披露。ボルドーで育った経験から日本ではなかなか分からない現地のワイン事情を紹介しました。その後、当店主力ボルドーAOCワインを中心にパテとリエット、フランスパンとともに皆様ワインをお楽しみ頂きました。初めは静かな雰囲気で始まった会でしたが、途中から皆様どんどん質問を頂き大変盛り上がりました。

今回、皆様一様にこれまで聞いた事のない話ばかりで今までにないテイスティングだった、との声を頂きました。

【参加者の声】
  • ワインの実情を明確に知る事が出来ました。(Iさん)
  • たくさんのエピソードが大変おもしろかった(Yさん)
  • 道上さんの話は大変参考になった。今までワインセミナーは何回も参加したがこのようなセミナーは初めてだった(Mさん)
  • 赤ワインの飲み比べ、ライト、白ラベル、黒ラベル、赤ラベル・・やはりこの順番で良さが分かる(Mさん)
  • 全体的に美味しく頂きました。ワイン試飲の合間に道上さんの色々なお話が聞け、楽しい時間が過ごせました(Kさん)
  • 一度に何種類も飲んだことがなかったので、比較ができ、楽しかったです。(Yさん)
  • ワインとパテがおいしかったです。勉強になりました。(Nさん)
  • 話が面白いし大変参考になった。是非また開催して欲しい。(Uさん)
  • ワインは敷居が高いと思っていましたが、お話が身近な話ばかりでとてもうれしくなりました。これからは肩肘張らず気軽にワインを飲んで行きたいと心から思いました。(Kさん)
  • ワインを知るとてもよいきっかけになりました(Sさん)






ページトップへ