RSS

驚愕!伝説の1959年の赤ワインでランチ




シャトー・ラ・ジョンカード訪問記5
「驚愕!伝説の1959年の赤ワインでランチ」

シャトー・ラ・ジョンカードのボトルがズラリ
と、一通りブドウからワインのロードストーリーを、擬似体験したら
いよいよ、ジョンカードが。

ワインの抜栓
ワインの抜栓で、ランチがスタート

テーブルセッティング
期待高まるテーブルセッティング!

メロンの中に甘口ワイン!
メロンの中に甘口のワインが注がれた、前菜

ジョンカード赤ラベル 1959年
出ました!伝説の1959年の ジョンカード赤ラベル!!!
「世紀のビッグ・ヴィンテージ」と称される歴史的ヴィンテージです!

現支配人サテュルニー家が、このシャトーを買い取った年のワインでもあります。
すでに半世紀を経ているのにこの濃い色合い、そして、しっかりとした味わい。
風味に熟成の旨味があるものの、ボディ、渋味、酸味の張り、
とても50年を過ぎたとは思えません!

牛のアントルコート
主菜はもちろん、ボルドー名物 牛のアントルコート
この頃には、すでにジョンカードが4種類に
白ラベルの2008、2009、黒ラベル2009と最新のビンテージが並んでいます。

ジョンカード社長とマダム
左から本日の料理を振舞ってくれたジョンカードの社長、
そしてマダムとともにテーブルを囲み、ワイン談義。

食後、シャトー内を、2階、3階、屋上とくまなく案内してもらいました。
そう、それは、いつの日か、、皆様と一緒にシャトー巡りをしたい!

そして、もっと、「ワインを身近に感じ、もっと好きになってもらいたい。」

道上とMICHIGAMIワインの皆様への「ワイン愛」は、とどまることを知りません。

そんな思いを強くしたシャトー・ラ・ジョンカードの訪問でした。



▲ページ上部へ

ページトップへ