RSS

シャトー近くの世界遺産! ヴィニョーブル・ラトゥース編




ヴィニョーブル・ラトゥース訪問記3
「シャトー近くの世界遺産! ヴィニョーブル・ラトゥース編」

ボルドー地図

ヴィニョーブル・ラトゥースへ向かう途中の道を、右にそれ、
坂を上った先にあるのは、長く連なる、石塀。

脇に目をやると、いつの時代?と思わせる小道。
小道

その石塀に挟まれた門扉の先に、静かにそびえたつ

ラベイ・ド・ラ・ソーヴ
ソーヴ村の大修道院

この地域一帯は Sauve-Majeure と呼ばれています。

ラテン語で大きな森の意味するとおり40〜50万m² の敷地
その中で、遥か昔から立ち続けている、修道院の跡

修道院

実は、ここは歴史的にも、非常に重要な処。

スペイン ガリシア地方にあるキリスト教3大巡礼地
サン・ジャック・ド・コンポステルへの街道として、世界遺産に登録されています!

動画 ソーヴ村修道院とボルドーの関係
動画 「ソーヴ村修道院とボルドーの関係 」
(再生時間2分14秒)


かつて、広大な敷地の中に、修道院を中心として、一つの街へと発展。
いつしか、1200年代からは、ワイン造りも盛んに。
小雨ふる静かな「今」とは、対照的に多くの人々で賑わった「昔」

ある者は木陰で涼をとり、ある者は腰を下ろし、またあるものは説法を、
そして、奥にはカメの容器にから振舞われるワインが・・・

気のせいか、そんな情景が見えてきます。

坂道の下にはラトゥースの畑が

坂道の下に広がるは、ヴィニョーブル・ラトゥースの畑

畑からこの修道院が見える。

「歴史を感じさせる、文化を感じさせる、その地でワインを造っている!」
ヴィニョーブル・ラトゥースのオーナーのデヴィッドの言葉。

そんな、思いが 彼らのワイン造りに、更なる誇りを与えているから、
美味しいワインが出来る!? のです。
ボルドーのシャトー訪問で、ワイン文化の歴史の一片に触れたひと時でした!


▲ページ上部へ

東京ドーム100個分!広大なブドウ畑
地域一番の設備と技術!が造り上げる白ワイン
⇒ シャトー近くの世界遺産! ヴィニョーブル・ラトゥース編

ページトップへ