RSS

2012年7月頒布会ワインレポート




7月度頒布会ワイン・レポート

7月頒布会セットMICHIGAMIワイン頒布会に加入して頂いているお客様へお届けするワインを、
テイスティングで紹介していきます。

今月はシャトーラモット2009年をボトルとBag In Boxで・・・と、いつもと様子が違いませんか?

なんと!こちらの商品( WINE BAG )は新商品として発売前にお届け、 頒布会の会員様への先行提供となりました!

「連れ出したくなるワイン!」
是非とも夏場のパーティーにもご活用ください!

WINE BAGは本日より発売開始です。 手土産に、贈り物に、是非ご検討下さい!


7月頒布会お届け品

・ヴィュ・シャトー・ラモット2009年(ボトル)
・WINE BAG シャトー・ラモット2009年 3リットル

Bag In Box箱ワイン・・・というとどうしても安いワインというイメージをお持ちの方もいるかと思いますが、それは安いワインを入れているからです。中身を良いワインにすれば、こんな便利なものはありません。

そのクオリティーの高さをご自身で確かめていただけるよう、通常のビン詰めされた「ヴィュ・シャトー・ラモット2009年」とボトル4本分がたっぷり入った3リットルの「WINE BAG」。 中身は正真正銘のボルドーAOC、シャトー元詰めのワインです。

それでは、ヴィュ・シャトー・ラモット2009年のテイスティング・レポートです。

ヴィュ・シャトー・ラモット




テイスティング動画はこちらから

外観ラモット ボトルわずかに緑色を帯びた淡い黄色。 
澄んだ透明感があります。
色の濃さがない事から、 樽で風味をつけたものでない事、 また長い熟成を経たワインでない事が分かります。

白ワインは、熟成していくと黄色味が濃くなり、
最終的に茶褐色へと変化していきます。

このワインは若くて、ストレートな果実味が
特徴である事が色からもわかります。

香り香りは最初スマートでやや控えめな印象を受けますが、 グラスを回していくと、ハーブ、ライム、レモンと爽やかな柑橘系の香りが広がります。若くて力強い香りです。
このハーブのような香り、少し燻したようなスパイシーな香りは、ソーヴィニヨン・ブランという品種の特徴的な香りでもあります。 ボルドーのほとんどのワインがそうであるように、このシャトー・ラモットも複数の葡萄品種をブレンド(アッサンブラージュ)する事で、味に深みとまろやかさを出しています。

シャトー・ラモットには、 ソーヴィニヨン・ブランが60%、 一方で、香りからは特徴がつかみにくいのですが、 セミヨンという葡萄も40%使用されています。

味わい 口当たりは、非常にフレッシュ。 いわゆる切れのある辛口です。
柑橘系の果汁の風味が広がり、 酸味と果実味がバランスよく合わさっています。

この果実の若々しい青さと酸味に、 ソーヴィニョン・ブランの特徴が活きています。 一方、飲み込んだ後の余韻に残るボディ、コク。 このボリューム感がセミヨンのもつ個性です。 ラモットのロゼにも共通する風味ですが、 独特の高いミネラル感があります。

このミネラルが、苦味・スパイシーさとともに、 様々な料理にあわせやすくしてくれます。 こうした、白ワインの味わいは、 料理全体にあわせても相性の良さを感じていただけると思います。 どうしても、白ワインというと、あわせるのは魚介類をイメージしがちですが、 このワインは、野菜そして、もちろん肉料理にもあいます。 合わせる料理を選ばない、オールラウンドプレイヤーと言えます。

たとえば ハーブとレモンを使ってソテーした豚肉や 青みのあるネギとあわせた塩風味のチキン、つまり焼き鳥でも。 肉料理にあわせても、遜色ないボディがあるところがこのラモットの特徴。 この季節の、シャトー・ラモットの酸味が効いた味わいで、 食欲増進、夏バテ知らずです!


ヴィニョーブル・ラトゥースこのワインを生産しているヴィニョーブル・ラトゥース社は、130ヘクタール以上の畑を所有し、ボルドーでもっとも大きな生産者の一人に数えられています。

1986年から1994年に渡って、世界的な醸造アドバイザーの権威ミシェル・ローラン氏の協力を得て、高品質なワイン作りに取り込んでいます。

その存在は、「ボルドーといえば赤ワイン」というイメージに一石を投じる存在として高く評価され、ボルドー市庁舎御用達のワインにも選ばれています。






▲ページ上部へ

前号へ | 次号へ
頒布会

ページトップへ