RSS

★ 今日もつれづれ ハッピー ★ 第11回 「チョコレートの香りでダイエット」

著者略歴


★ 今日もつれづれ ハッピー ★ 第11回 「チョコレートの香りでダイエット」



チョコレートの香りの効果ってご存知ですか?
チョコレートの香りが、人の自律神経に影響を及ぼすことが、論文等でも発表されているのです。

今まで、チョコレートは食べることにより、良い効果が得られるというお話が多かったですが、チョコレートの香りにも素晴らしい効果があります。
今日は、チョコレートの香りについてお話をさせていただきます。

香りが人の自律神経に影響を与えることは、ご存知かと思います。グレープフルーツやラベンダーなどが有名ですよね。ここで少しだけ、自立神経について、簡単な説明をさせていただきます。

自律神経には、交感神経と、副交換神経がありますが、これらが人間の臓器をコントロールしています。胃腸の交感神経が興奮すると蠕動が悪くなって食欲が低下したり(ダイエットに有効)、逆に副交換神経が活発になれば消化吸収を促進するなど(便秘改善)、自律神経活動の変化に伴い、生理機能が変わります。

ということで、香りが食欲に影響を与えるのは、昨今は、グレープフルーツの香りによるダイエット効果などで、よく話題に上り、だいぶ有名になりました。いろんなグッズが販売されていますね。

実はあまり知られていませんが、チョコレートの香りにも、グレープフルーツと同じ作用があるんですね!

チョコレートの香りは、白色脂肪(エネルギーを蓄積する脂肪細胞)や、褐色脂肪(エネルギーを熱に変えて消費する脂肪細胞)、副腎(アドレナリンなどのホルモンを分泌する)を支配する、交感神経の活動を活発にします。
その結果どうなるかというと、中性脂肪を分解し、 エネルギーを消費して体温を上昇させるんです。

簡単に言えば、アドレナリンの分泌により元気になる。
そして、溜まっていた中性脂肪を分解し、エネルギー消費を高め、体温を上げるという生理機能を起こすということです。
素敵ですね〜★

カカオの香りの刺激は、体脂肪を減少させ、肥満の抑制することが判明していますので、ハリウッドセレブの間で、チョコレートのエステが流行しているのも、カカオバターの美肌効果と、この香りによるダイエット効果を求めてのことではないでしょうか?
美女とチョコレート、いいですね(笑)

ただし、注意点が一つあります。
香りを嗅いでいるだけで、体温が約3時間上昇していると言われていますが、食べてしまうと途端に、すっと低下してしまいます。

食べちゃだめってことですよね(笑)。美味しいチョコレートを目の前に食べないのは、つらい(笑)。



日本では、まだあまりチョコレートのエステを見かけませんが、チョコレートのグロスや入浴剤もある程度市販されているので、遊び間隔で楽しまれてもいいですよね。
気分は、チョコレート美人って感じでしょうか(笑)。

お目にとめていただき、ありがとうございました。 
池田貴子 

▲ページ上部へ


ページトップへ