RSS

2018年11月度 頒布会ワイン・レポート 2/2


11月度 頒布会ワイン・レポート 2/2
「シャンパーニュ・ジョヴェール・ジラルダン」「コート・ド・ロシューズ2014年」「シャトー・ラ・ブランヌ2012年」



MICHIGAMIワイン頒布会に加入して頂いているお客様へお届けするワインを、
テイスティングで紹介していきます。


今週は
特選ワインセット、選り抜きワイン2本セットの中から、
シャンパーニュ・ジョヴェール・ジラルダン
コート・ド・ロシューズ2014年
シャトー・ラ・ブランヌ2012年

のテイスティングレポートをお届けいたします。



シャンパーニュ・ジョヴェール・ジラルダン

シャンパーニュAOC
ピノ・ノワール60% / ピノ・ムニエ30% / シャルドネ10%

シャンパーニュ・ジョヴェール・ジラルダン マグナム1500ml


シャンパーニュ・ジョヴェール・ジラルダンは、「家族」と「献身」というふたつの言葉を原理にし、
代々大切に受け継がれた技術をシャンパンに表現し続ける、
200周年を迎えた、シャルル・ド・カザノーヴ社が、
最高のブドウ及び最高の醸造技術を活かして作り上げた渾身のシャンパーニュです。 外観
金色に輝く鮮やかなレモン色です。
泡は細かく上品で、金色を背景にして長いネックレスのように上昇し続けます。

香り
香りはフルーティ、ドライフルーツと白い花の程良い香りに、
ほのかに焼きたてのパンの香りがふわっと香ります。

味わい
辛口で、爽やかな酸味があります。
味わいはブリオッシュと大麦糖のような旨味。
口当たりは歯切れよく、レモンの風味が感じられます。

生き生きとしているワインで、風味のある新鮮さを伴った非常に鮮やかで強くしっかりとした味わいです。
ブドウはピノ・ノワール60%に、新鮮さと果実味を加えるピノ・ムニエ30%と、
香りの良いパンの風味をほのかに感じさせるシャルドネ10%が柔らかさを演出します。

より美味しく味わうには
このジョヴェール・ジラルダンはしっかりと力強い味わいの為、
食前酒としてよりもむしろ料理と一緒に合わせて楽しむのがお薦めです。

特に生魚(寿司や刺身)や焼き魚との組み合わせは素晴らしいです。
また、オーブンで焼いた白肉(鶏の胸肉、子牛や豚などの肉)と
野菜との組み合わせも美味しくお楽しみ頂けます。



コート・ド・ロシューズ2014年 ※先月好評だった、コート・ド・ロシューズ。今月は2014年をお届け!
フランス国旗 AOCサンテミリオン・グラン・クリュ
メルロー:65% カベルネ・ソーヴィニョン:25% カベルネ・フラン:15%


コート・ド・ロシューズ2012年

歴史有る高級赤ワインの産地、サンテミリオンの特別級グラン・クリュ。
非常に優れたメルロー種を産出する地域の グラン・クリュならではの高品質な味わいを お楽しみ下さい。

外観
黒みを帯びた紫色。

香り
ブラックベリーやラズベリーの香りにスパイスのニュアンスや燻製香も感じ取れます。
ドライチェリーを彷彿とさせながら、
タイムやローズマリーなどのハーブの香りも立ち上がります。
スパイスではシナモンなどの印象も。

味わい
口当たりやや強く、アルコールは豊かなボリューム感を持つ。
収斂性はほとんどなく、程よい酸味とのバランスが心地よい。
メルロー主体のスマートかつ豊満な印象は、
これぞまさにサンテミリオンの王道、といった味わい。

料理
鰻重、リヨン風クネルソースナンチュア 八つ目鰻のボルドー風 etc.




シャトー・ラ・ブランヌ 2012年

バリューボルドーの受賞歴もある、
高品質ボルドー赤ワイン。

AOCメドック/クリュ・ブルジョワ
メルロー、カベルネ・ソーヴィニョン、プティヴェルド


シャトー・ラ・ブランヌ2012年

外観
澄んだ輝きのあるルビーがかったガーネット色。


香り
ドライストロベリーやセミドライのプルーン、
乾燥したザクロの香りのニュアンス。
甘草、黒胡椒、ナツメグなどのスパイスの香りや
クローブやディルのような独特な香りも感じられます。

味わい
口当たりはやや強いが、豊かな甘みはボリューム感あるアルコールからきています。
酸味はやさしく、収斂性はさほど感じないのは
非常にバランスが良いことを証明しています。ミネラル感もあります。

料理
仔羊背肉のグリエ、牡丹鍋、ジンギスカン etc.



▲ページ上部へ

頒布会

ページトップへ