RSS

2021年5月 頒布会レポート3/3

2021年5月度 頒布会ワイン・レポート 3/3

「コート・ド・ロシューズ2014年」
「ヴィュ・シャトー・ラモット2019年」


MICHIGAMIワイン頒布会に加入して頂いているお客様へお届けするワインを、
テイスティングで紹介していきます。

今週は特選ワインセット、選り抜きワイン2本セットより、
「コート・ド・ロシューズ2014年」、
ヴィュ・シャトー・ラモット2019年」の
テイスティングレポートをお届けします。


コート・ド・ロシューズ 2014年

AOCサンテミリオン・グラン・クリュ
メルロー:65% カベルネ・ソーヴィニョン:25% カベルネ・フラン:15%

コート・ド・ロシューズ

歴史有る高級赤ワインの産地、サンテミリオンの特別級グラン・クリュ。
非常に優れたメルロー種を産出する地域のグラン・クリュならではの
高品質な味わいをお楽しみ下さい。


外観

黒みを帯びた紫色。

香り

ブラックベリーやラズベリーの香りに
スパイスのニュアンスや燻製香も感じ取れます。

ドライチェリーを彷彿とさせながら、
タイムやローズマリーなどのハーブの香りも立ち上がります。
スパイスではシナモンなどの印象も。

味わい

口当たりやや強く、アルコールは豊かなボリューム感を持つ。
収斂性はほとんどなく、程よい酸味とのバランスが心地よい。
メルロー主体のスマートかつ豊満な印象は、
これぞまさにサンテミリオンの王道、といった味わい。

料理

肉料理、鰻重、リヨン風クネルソースナンチュア 八つ目鰻のボルドー風 etc.


ヴィュ・シャトー・ラモット2019年
ボルドーAOC
ソーヴィニョン・ブラン:60% セミヨン:40%


ラモット2017年

外観

わずかに緑色を帯びた淡い黄色。澄んだ透明感があります。
色の濃さがない事から、樽で風味をつけたものでない事、 また長い熟成を経たワインでない事が分かります。
白ワインは、熟成していくと黄色味が濃くなり、最終的に茶褐色へと変化していきます。
このワインは若くて、 ストレートな果実味が特徴である事が色からもわかります。


香り

香りは最初スマートでやや控えめな印象を受けますが、グラスを回していくと、
ハーブ、ライム、レモンと爽やかな柑橘系の香りが広がります。若くて力強い香りです。
このハーブのような香り、少し燻したようなスパイシーな香りは、
ソーヴィニヨン・ブランという品種の特徴的な香りでもあります。

味わい

すっきりとした口当たり。ライトミディアムボディの辛口。
しっかりとした酸味に果実味、 そしてコクが続き、味わいを構成している。
ミネラル分の苦みもほのかに感じる.
余韻は心地よい苦み、塩味、コクがバランスよく残り、切れ味がよい

料理

6~9度前後にしっかりと冷やして休日のランチなど、
安らぎのひと時に陽射しと 共に召し上がるのも爽快さを満喫でき、お薦めです。

焼き白身魚、オリーブオイルやレモンライムと魚介系のオードブル全般、
白身魚のカルパッチョシーフードパスタ、エビ、カニなどの料理、グラタン、
焼き鳥 塩 爽やかな飲み口にコクを感じさせるのこのワインは料理を選びません。
軽やかな味わいの食事との相性は抜群ですし、
コクのある料理に対するアクセントとしても、その魅力をお楽しみいただけます。





▲ページ上部へ

頒布会

ページトップへ