RSS

2012年8月度頒布会ワインレポート 2/3 【ヴィュ・シャトー・ラモット2008年 500ml】




8月度頒布会ワイン・レポート 2/3
MICHIGAMIワイン頒布会に加入して頂いているお客様へお届けするワインを、
テイスティングで紹介していきます。

ヴィュー・シャトー・ラモット2008年 500ml



ヴィュ・シャトー・ラモット2008年 500ml
外観

やや飴色の混ざった、 透明感のあるレモンイエロー。
エッジ(縁)の部分は2009年と比べ、 より熟成のニュアンスを示す黄色味が強く出ています。

透明感のある色合いからは、 フレッシュな果実味が失われていないと予想出来ます。

香り
ライムやレモンの柑橘系の香りとともに、 リンゴのような香りが特徴的です。 赤いリンゴの、実よりも皮の方に近い香り。 グラスを回していくとハーブの香り、 柑橘類をシロップで煮詰めたような香りも出てきます。

味わい
口当たりはよく熟したリンゴジュースのような柔らかい味わい、 後味に、さっぱりとした青リンゴのような酸味が感じられます。

2009年と比べると、酸味は柔らかく、落ち着いています。 余韻も心地の良い果実香が長く続きます。 合わせる料理はクリームチーズと生ハム、 野菜スティック、貝類の酒蒸し、 トマトソースを使ったパスタや煮込み、 にんにくやハーブの風味と合わせて、 アクアパッツァとの相性は最高です。

一般的に750mlのボトルに対して、 容量の小さなボトルは熟成が早く進むと言われています。 この2008年のシャトー・ラモットも、 年代による熟成の違いというよりは、 ボトルの容量に由来した熟成と言えるかもしれません。

※次回はヴィュ・シャトー・ラモット 2001年 375mlのテイスティングレポートをお届けします。





▲ページ上部へ

頒布会

ページトップへ