RSS

2013年3月度頒布会 3/3 「シャトー・ラ・ジョンカード 赤ラベル 2000年」




3月度 頒布会ワイン・レポート 3/3  「シャトー・ラ・ジョンカード赤ラベル2000年」

MICHIGAMIワイン頒布会に加入して頂いているお客様へお届けするワインを、
テイスティングで紹介していきます。


今週はシャトー・ラ・ジョンカード赤ラベル2000年をご紹介いたします。



Château La Joncarde Red Label 2000
シャトー・ラ・ジョンカード赤ラベル2000年

外観
凝縮した濃いルビー色。
中心からエッジまで黒味が強く、グラスの向こう側はまったく見えません。
エッジ(縁)の部分に、ピンク、赤色が見えます。
グラデーションはほとんど出ておらず、強い味わいであることが予想されます。


香り
最初からボリューム感に溢れた力強い香りがとれます。
葡萄がより完熟したことを示す、リキュールのような濃い香り。
カシスやブラック・ベリーの果実の香りです。
グラスを廻していくと、スミレの香り、後半ブラックペッパーのスパイスの香りも感じられます。


味わい
しっかりと、ふくよかな口当たり。
果実味のコクと渋味成分があわさり、酸味は目立たないが、味の張りを調えています。
渋味成分のタンニンが非常に豊かで、口に留めると、歯茎を引き締める収斂性、痺れるような感覚があります。 

この部分が余韻にも、スパイシーさとなって現われてきます。
また、舌にミネラルの苦味、鉄分と石灰系の苦味を感じます。
栓を開けてから1時間ほどで、カシスの果実香も強く出て、
味わいには何とも言えない甘みが感じられ、より複雑味が出てきます。

オススメ料理は、わさび風味の牛肉のたたき、定番の仔羊のグリル・ロースト。
すき焼きや、照り焼きなどの醤油を使った料理、また、鰻などの蒲焼。
キレのある酸味に、和食の風味との相性もオススメです。






▲ページ上部へ

頒布会

ページトップへ