RSS

2018年1月度 頒布会レポート 1/2「シャトー・ラ・ジョンカード赤ラベル1998年木箱入り」&「シャトー・ラ・ジョンカード赤ラベル2010年」



1月度 頒布会ワイン・レポート
「シャトー・ラ・ジョンカード赤ラベル1998年木箱入り」
「シャトー・ラ・ジョンカード赤ラベル2010年」



MICHIGAMIワイン頒布会に加入して頂いているお客様へお届けするワインを、
テイスティングで紹介していきます。

1月の頒布会は、こちらをお届けさせて頂きました。
通常月初にお送りさせていただいておりますが、
今回は年末年始は皆さんお集まりになられる機会が多いかと思い、年内にお届けさせて頂きました。

頒布会1月 お届けワイン 頒布会1月 お届けワイン
極上 赤ワインセット
(月々10,000円)
特選 ワインセット
(月々7,500円)

極上 赤ワインセット
シャトー・ラ・ジョンカード赤ラベル1998年 木箱入り
シャトー・ラ・ジョンカード赤ラベル1988年マグナムボトル


特選 ワインセット
シャトー・ラ・ジョンカード赤ラベル2010年
シャトー・ラ・ジョンカード赤ラベル1998年マグナムボトル


お届けさせて頂きました。


「ジョン・カード赤ラベル2010年 」
はまだ一般販売を行っておりません。
今回頒布会会員様に特別先行お届けさせて頂きました。


今週は
シャトー・ラ・ジョンカード赤ラベル1998年【木箱入り】と
シャトー・ラ・ジョンカード赤ラベル2010年

のテイスティングレポートをお届けいたします。


シャトー・ラ・ジョンカード赤ラベル1998年 木箱入り
ボルドーAOC
メルロー:20% カベルネ・ソーヴィニョン:75% カベルネ・フラン:5%


シャトージョンカード赤ラベル

成熟した赤ワインの旨みと華やかな果実感が同居するまさに「帝王!」
エールフランス航空ラウンジ取扱実績もある確かな品質


外観
凝縮した濃いルビー色。茶色い光沢もあります。

中心からエッジまで黒味が強く、グラスの向こう側は全く見えません。
エッジ(縁)の部分に、ピンク、赤色が見えます。
グラデーションはほとんど出ておらず、強い味わいであることが予想されます。
香り
最初からボリューム感に溢れた力強い香りがとれます。
葡萄がより完熟した事を示す、リキュールのような濃い香り。
カシスやブラック・ベリーの果実の香りです。

グラスを廻していくと、スミレの香り、後半ブラックペッパーのスパイスの香りも感じられます。
キノコの香りも感じられるのは20年以上のワインならでは。

味わい
しっかりと、ふくよかな口当たり。
果実味のコクと渋味成分があわさり、酸味は目立たないが、味の張りを調えています。

後20年もっと美味しくなる可能性もあるワインです。
渋味成分のタンニンが非常に豊かで、
口に留めると、歯茎を引き締める収斂性、痺れるような感覚があります。

この部分が余韻にも、スパイシーさとなって現われてきます。
また、舌にミネラルの苦味、鉄分と石灰系の苦味を感じます。

栓を開けてから1時間ほどで、カシスの果実香も強く出て、
味わいには何とも言えない甘みが感じられ、より複雑味が出てきます。

より美味しく味わうには
お肉の赤身、脂身、塩・胡椒の味付けに非常に良く合います。
それらと混ざると口の中で何とも言えない甘さ・旨さを感じます。

チーズならコンテのようなチーズが凄く合います。
特別なワインですからゆっくりと時間をかけて飲む事が一番です。


シャトー・ラ・ジョンカード赤ラベル2010年
ボルドーAOC
メルロー:20% カベルネ・ソーヴィニョン:75% カベルネ・フラン:5%


シャトージョンカード赤ラベル

シャトー・ラ・ジョンカード赤ラベル最新ヴィンテージ2010年!
お召し上がりの30分〜1時間前に開栓しておくとコクの風味にまろやかさが増し、
更に深い味わいをお楽しみいただけます。


外観
ルビーレッド・濃いガーネットの美しい色。
安定した色調で、艶やかなニュアンスがあります。
鮮やかで、バランスが良いです。

香り
力強くたくましい香り。
果実本来の甘さのしのばせるフルーティーなニュアンスは豊かです。
長い熟成によるブラックベリー、桃、アプリコットのアロマ。
第三アロマはなめし皮、甘草と上品な樹木のほのかな香りが発展し始めたばかりのブーケ。

味わい
まろやかな果実味が魅力的なアタック。
味わいはリッチでデリケート、この上なくソフトなタンニンが感じられます。
若いワインのような強さを持ちながら、徐々に細かくて心地のいい味のニュアンスを表します。

2010年ながら、ジョンカード赤ラベルの場合はまだ少し早いといった印象。
もちろん現時点で飲んでも美味しいですが、やや硬い感じも受けます。
今後より柔らかくなり、もっともっと美味しくなる事が期待できます。
より美味しく味わうには
この濃厚なワインは生ハム、カンパーニュ風塩漬け、赤ワイン煮込み、
ブール地区の名物「ボルドー風ヤツメウナギ」に完璧に合うでしょう。


▲ページ上部へ

頒布会

ページトップへ