RSS

2015年12月度 頒布会レポート 2/3 「シャトー・ラ・ジョンカード赤ラベル 1974年 木箱入り」



12月度 頒布会ワイン・レポート 2/3
「シャトー・ラ・ジョンカード赤ラベル 1974年【木箱入り】」



MICHIGAMIワイン頒布会に加入して頂いているお客様へお届けするワインを、
テイスティングで紹介していきます。

今週はその中から、何と!41年物ヴィンテージの、
シャトー・ラ・ジョンカード赤ラベル1974年【木箱入り】」の
テイスティングレポートをお届けいたします。

※こちらお飲みになられる10日程前から、冷蔵庫で立てて保管しておくと、
より美味しく召し上がれます。



シャトー・ラ・ジョンカード赤ラベル1974年【木箱入り】


ボルドーAOC
カベルネ・ソーヴィニョン:75%
メルロー:20%
カベルネ・フラン:5%

ジョンカード赤ラベル74年木箱

【シャトー・ラ・ジョンカード赤ラベル 1974年木箱入り】のコルクの扱いについて
※今回動画での説明をさせて頂いたDVDも同梱させて頂きました。
このワインは製造から41年たっております。
古いワインによくあることなのですが長い年月の間にコルクが劣化している場合があります。
きれいに抜栓できず、ボトルネックにコルクの一部が残ってしまった場合は無理に取り出さず、
残ったコルクをボトルの中に押し込んでワインの中に落としてしまってください。

コルクのかけらが混ざったワインはコーヒーフィルタで濾して漏斗などを使い別の瓶(デキャンタなど)に移し替えていただければ問題なく召し上がっていただけます。(図1)
コーヒーフィルタはティッシュペーパーでも代用できます。



また、写真のような栓抜き(図2)があるのですが、
まず長い方をコルクの端に突っ込み、そして短い方も突っ込みます。
そしてあまり強く押し込まずにゆっくりと押し込みます。
一度奥まで入れたらゆっくり回しながら引き抜いていくと上手く抜く事ができます。

上記のような栓抜きの代用として、細い2本のナイフを使って引き抜く事もできます。
上記の栓抜きを使った開け方の動画を同梱させて頂きましたDVDにてご説明させて頂いております。
パソコンでは下記のアドレスにてご覧頂くことも可能です。
https://youtu.be/sSpd6Oq8QeU

もう一点できればお願いしたいことがございます。
このワインは製造の過程でフィルタにかけて澱を取り除いているのですが、
それでも年月が経つとあらたに澱が発生します。
召し上がる一週間ほど前にボトルを立てておいていただければ澱(おり)も沈殿し
より美味しく召し上がっていただけるかと存じます。

41年の歳月を経たヴィンテージワインの深味をお楽しみいただけることを心から願っております。


▲ページ上部へ

頒布会

ページトップへ