RSS

2014年6月度 頒布会ワイン・レポート 3/3 「プイィ・フュイッセ・ラ・ジュ・ドゥ・ロワ 2012年」



6月度 頒布会ワイン・レポート 3/3 
「 プイィ・フュイッセ・ラ・ジュ・ドゥ・ロワ 2012年 」


MICHIGAMIワイン頒布会に加入して頂いているお客様へお届けするワインを、
テイスティングで紹介していきます。

今週は、ブルゴーニュ地方を代表する辛口白ワイン、
「プイィ・フュイッセ・ラ・ジュ・ドゥ・ロワ 2012年」をご紹介します。



プイィ・フュイッセ・ラ・ジュ・ドゥ・ロワ 2012年
(こちら現在一般販売をしておりません。頒布会会員様のみの特別お届けとさせて頂きました)

プイィ・フュイッセAOC
シャルドネ:100%

プイィ・フュイッセ・ラ・ジュ・ドゥ・ロワ 2012年


プイィ・フュイッセの生産区域はブルゴーニュ地域圏の南にあるマコン市(ソーヌ=エ=ロアール県)から西へ約10キロのところにあります。 フュイッセ、シャントレ、ソリュトレ・プイィ、ヴェルジソンの 4つの村が生産区域です。

ブドウ畑は東、南東向きの丘の斜面にあり、土壌は主に粘土石灰質ですが、所々、粘土質の泥灰土や石質などとなり、そのことにより複合性のある多種のワインを生み出しています。

外観
エレガントで魅力的なプイィ・フュイッセは薄い金色から濃い金色で、鮮やかな色合い。

香り
ヘーゼルナッツが浮かび上がる、複合性のある香り。
ミネラル(火打ち石)、アーマンド、ヘーゼルナッツ、柑橘(レモン、グレープフルーツ、アナナス)、桃、シナノキ、アカシア、パンの身、バターブリオッシュ、蜂蜜という様々な香りがあります。
自然の香りが特徴的。

味わい
芳香が立つ、バランスがよく、濃厚でありながらストレートな味わい。
なめらかな口当たり。酸味は穏やかでふくらみのある果実味。
旨みをかんじさせる味わい バランスよい 心地よい苦味と
ミネラル感のあとにスパイシーさが続く ミディアムボディの辛口。
余韻もやや長め。

料理
大エビ、イセエビ、ロブスターなどの高級な甲殻類、
焼いたフォワグラ ホワイトミートのクリームソース、
ヤギ乳製チーズ クスクスや魚のタジンなどのスパイシー料理、
お寿司も!



▲ページ上部へ

頒布会

ページトップへ